OB紹介

名前 愛称 学部
研究科
紹介文
吉川和希 吉四六 文学研究科 文学部という鉄の鎖で結ばれた二冠門下。部内においてはあれこれと良く気の付く、一休さん的なポジション。とんちの利き過ぎたその棋風は周囲の不評を買っていたが、そのくせの強すぎる強情な将棋、そして道場で鍛えた粘り強さにより部の主力に成長しつつある。棋譜取りモチベは全国クラスで、弟子に棋譜取りの大切さを伝授しようと頑張っている。
藤原匡志 ジャガー 工学研究科 ソウル門下。ある日偶然「じゃがりこ」を食べていたのを運悪く今井さんに目撃され、ジャガーと命名された。将棋の方は日を追うごとに強くなってきている。麻雀ではそのとびっぷりから「ピューっととぶジャガー」といわれたこともあるが、単位のほうは大丈夫らしい。かなりのゲーム好き。
尾崎航 ピンク 基礎工学部 ゴットゥーゾ門下。師匠に似て、中終盤には鋭く光るセンスがあり、オール学生では、4−1という活躍ぶり。あだ名は、派手な服装、特にピンクのシャツを着ていたことから、誰かがピンクと呼びだした。かつておのれの情熱のぶつけどころを見失っていた熱き少年は、いまや阪大を支える主力となった。彼がいるかぎり、阪大将棋部はひたすら前に進み続けるだろう。
雪永敏志 ユッキー 工学研究科 ソウル門下。居飛車党。入部当時は初心者クラスだったが、急速に力をつけてきた。昨年度の部内の成長率はトビーと一,二を争うほどである。自宅生、吹田生ではあるが、部室や大会などにはよくきてくれているようだ。
川本直幸 基礎工学研究科 目元涼しい奈良出身の好青年。同郷の豊田に弟子入りするが、師匠に似ても似つかない本格居飛車党で、その渋い棋風は特に年寄りから評価が高い。将棋部でも、バイト先でも、ついでに尺八部でも?そろそろブレイクが期待される有望株。
中井雄士 理学部 阪大にしては珍しい関東出身で、同じ高校出身(!)のリムコ門下。四間飛車党。阪大が誇る詰め将棋作家で、詰めパラなどにも投稿している。一見やる気が無さそうだが、誘われると意外と積極的にイベントに参加するようだ。
児堂義弘 ちごちゃん 情報科学研究科 ミッシェル門下。将来を嘱望される一人。二回生ながら、早くも吹田に引っ越した。藤井ファンの四間飛車党だったはずだが、団体戦では矢倉を指し、隣のルイージを苦しめた。その終盤力にものをいわせて逆転を繰り返すので、「チゴる(=ギャクる)」という動詞が生まれた。
宮村航大 理学研究科 ソウル門下。某H○さんのハカライ?(?)でソウル門下に。振飛車党で、大山康晴先生を尊敬しているらしい。昨年度は忙しかったようだが、最近はちょくちょく見かけるようになった。大の甘党で、ラパウザで行われた二軍戦の打ち上げではパフェ4つを軽く平らげた。
平野慎太郎

クロ

ホスト

基礎工学部 松本門下。永世エース。休学する師匠から代わった理事の職は、任期は1年のはずだったが乗せられるまま結局2年目も務めることに。大阪大学を引っ張る不動のエースとしての活躍が期待されているが、プレッシャーに負けず戦っていってほしい。端麗な容姿を生かして夜の仕事をしているといううわさがあるが、真偽は不明である。
佐野達広 ルイージ 工学研究科

松本門下。責任感あふれる頼りになる男。平野と双璧をなすエースで、本格派居飛車党。基本真面目だが、酔っ払って飲み屋のスリッパを履いて帰ったことがある。くちぐせは「ダルい」。むしろあだ名はダルイージでもいいかもしれない。今期は忙しいかもしれないが部の主力として頑張ってくれることだろう。

田中貴大 ぷよぷよ 情報科学研究科 吉四六門下。広島出身だが尾崎に似ず真面目。高校では卓球もやっていたとか。特技は表面張力を操れること。餃子の王将に行くと常に水の傍に待機している。ぷよぷよの腕前はセミプロ級で、対人は最高15連鎖。将棋も急速に力をつけていて、今年とうとう一軍戦デビューを果たした。吹田に移ったが頑張って欲しい。
田中一徳

いっとく

(また)王者

理学研究科 ルイージ門下。将来有望なホープであり、みんなに期待されている(と本人は思い込んでいる)。部内で変態戦法が横行している中、貴重な純粋居飛車党。かつては詰将棋の王者だった。今後は阪大将棋部を支える人材として、1回生を引っ張って行って欲しい。
二宮諒 P2 工学研究科 今井門下。泣く子も黙る元理事長。ニノミヤと書くと潰れそうなので、漢字で書くように。下の名前は「クジラ」と読みそうになるが、実は「クジラ」ではない。読み方がわからないので、やっぱり「クジラ」でもいい。高校時代はスイングボーイとして、サックスでならしたが、サークルオリエンテーションで今井さんの人柄に惹かれて入部。そろそろ駒の動きは覚えたようだ。ADD OIL!
兼田顕治 上人 基礎工学部 人懐っこいように見えて実はシャイボーイ。将棋に関しても他人に自分の努力を見せるのが恥ずかしく、部内では麻雀を打ちまくって皆の目を欺いている。自宅では1日10局ペースで将棋年鑑を並べているとかいないとか。ちなみにあだ名は「上人」であり、「商人」ではない。
政岡範親 マサヲ 工学部 今井門下。阪神ファンのお父さんが、「ハンシン」を変換したところ、「範親」になったので、名前が決まった。高校時代は柔道ボーイとしてならしたが、帯を締められない病気にかかってしまい、引退を余儀なくされた。部室で出会った今井さんの人柄に惹かれ、将棋への転向と入門をダブルで決めた。とても純粋なので、師匠に毒されずに育ってほしい。
浜垣英幸 ガッキー
池田ァ!
工学部 吉四六門下。2回生になって授業が吹田に移ったはずだが、それでも積極的に部室に来てくれる。まさに吹田生の鏡。新歓の場で、果敢に弟子を取りに行って美しく玉砕した姿は、後世の語り草となった。一軍戦では貴重な棋譜とり隊員。「王手せずにはいられないな」
田口明義 イッツー 情報科学研究科 居飛車党がきっかけでルイージ門下入り。新歓の自己紹介での「イッツーと呼んでください」という言葉は印象的。浜Qさんと同様の指導方針のためか、M(麻雀)の道へ一直線。そろそろS(将棋)の道も開拓した方が良いのではと思う今日この頃。麻雀では上人にぼこぼこにされているが、この悔しさを将棋で晴らしていってほしい。
大谷雅人 ステルスモモ 基礎工学部 たまにモモの駒が盤上から見えなくなる。振り飛車党。でも右玉も指せたりする。教師運がないらしく最近はレポートで忙しいらしいが、後期に行われた部内リーグD級では1位タイと密かに実力をつけている。何気に麻雀が強く、イッツーをカモにしているとかいないとか。
藤原武徳

組長

工学部 去年の秋に田中貴に勧誘され加入。まだまだ伸びしろがおおく、これからの飛躍が期待されるルーキー。歌がうまく、将来のええ声部のエース候補の一人でもある。彼のさわやかな笑顔の裏にどんな顔があるのか、将棋以外の面でもこれからの飛躍が期待されている。
亀井 工学部 ピンク門下。大師匠の雁木を受け継ぐ者。P2が自分のクラスから連れてきた新人だが、もしかするとP2より強いかもしれない。雁木と左玉を武器としており、その力強い棋風はゴットゥーゾを彷彿とさせる。
中川情裕 なゆたん 経済学部 吉四六門下だが、師匠に似ず誠実で真面目な好青年。大学に入ってからテニスやチェスを始めるなど、かなり精力的である。将棋のほうも、部内リーグや交流戦に参加するなど積極的なので、どんどん強くなっていってほしい。たんたんなゆタンなかなゆタン♪
長澤良彦 経済学部 クロ門下。入部した当初は初心者に近かったが、リーグ戦に積極的に参加するなど熱心なので今後の成長が期待される。また将棋以外に関しても、そろそろなにかやらかしてくれないかなと師匠としては楽しみにしている。やったれぃ!!
生田陽平 工学部 「リア充」の言葉の意味を知らなかった、真のリア充マラソンランナー。ジャイアン門下の一番弟子。出藍の誉れとの呼び声が高い。弟子入りした時は師匠が貫禄を示したが、現在は師匠に対する連勝記録を更新中。座右の銘が「能ある鷹は爪を隠す」で、将棋における才能を隠している。アウトドア派な一面もあり、合宿の自由時間では旅に出ていた。真面目な好青年。
長尾知明 工学部 広島県出身で尾崎の高校の後輩。ご飯を奢ってもらえるという理由で吉四六門下入りしたが、当の師匠はいまだに一回も奢っていない。本当にごめんなさい。本人は師匠と違ってまじめな好青年で、一軍戦では棋譜取りとして活躍してくれた。明るいキャラとの噂なので、飲み会でのはっちゃけぶりに期待される。将棋の方は終盤派で、しばしば「終盤は長尾に聞け」と言われている、はず。
渡部愛紗美 外国語学部 超貴重な女子部員。酔っぱらったP2理事長の推薦でいっとく門下入り。礼儀正しく落ち着いた感じの印象で、入部して間もなく山口さんとともに将棋部のスーパーアイドルとなった。不動産屋に騙され通学が大変らしいが、それでもよく部室に来てくれるのはとてもうれしい。おかしな先輩の悪影響を受けずに頑張ってほしい。
山口真子 森ガール 外国語学部 小島門下第三の弟子。アラビア語学科。幼少期をAmericaで過ごした為、JapaneseよりEnglishを先に覚えた。だから日本語はちょっと苦手(>_<)けどその分catの発音は可愛いです(ρ°∩°)(笑)振り飛車党。振るのは飛車だけじゃありません。周りも振り回します\(☆o☆)/まぁ皆喜んで振り回されてるようですが(゜∀゜;ノ)ノww普通に才能あるから一軍戦でガッツリ活躍する姿を見るのが楽しみです、頑張ってo(^-^)o
脇田航平 わきちゃん 基礎工学部 鹿児島出身。8五飛車戦法を指すなど序盤に精通している一方で、24リレー将棋では終盤を任されチームを準優勝まで導いた。後輩の面倒も良くまさに将棋部の鏡である。スポーツ観戦やゲームなど幅広い趣味を持ち、カラオケでは持ち前の高い声で聞く人を魅了すると聞く。着々と将棋の実力をつけているので一軍戦デビューが待ち遠しい。
柏原亮太 きゃしい 工学部 師匠の居飛車党正統派という誤報により弟子入りすることとなった。入部当初ピノキオのLLを軽く平らげ存在感をアピールした。部室で将棋を見ているときいつも笑顔な印象がある。最近廃人疑惑があるが棋力向上にパワーを使ってくれるとうれしい。
小田和生

ODA

帝王

元王者

工学部 「あぁもう、クソがッ!!」や「僕も開発(ry」など、語録に富む存在。高校が同じの縁で川本門下に。高校時代はとてもシャイボーイだったが今では、元気にトンでいる。合宿で王者を、秋の二軍戦の打ち上げで帝王の名を手に入れた。特に呼び名のない師匠としてはうらやましい限りである。
片岡紀明 工学部 工学部応用理工学科所属小島門下一番弟子。2008年12月王座戦後の打ち上げにて偶然席が一緒になった為ノリで弟子に勧誘される。初心者から始めたが、英才教育を受けて現在進化中(多分)。羽生さん以外棋士の名前を知らないとの事で(驚)まずは将棋関連のニュース、読み物に興味を持たせる事から着手した。師匠の期待に応え今年の王座戦ではレギュラーを脅かす存在になっていることだろう。
久下朋輝 くげっち 医学部 いっとく門下。桂馬の使い方に定評がある居飛車党。人望が厚く、部長に就任。医学部生で忙しいながらよく部室に来ては将棋を指しているようで、さすが部長である。あとは一軍戦で活躍してよね、部長。あ、ジュース買ってきて、部長。
山中裕樹 らぶりー 基礎工学部 ピンク門下。高専から編入してきた強豪。淡々とした言葉の中に熱い闘志が感じられる。過去和歌山の某S一門に属していたことがあり、諸々心配されたが意外に良識はあるようだ。レポートに忙殺されているようだが、持ち前のポテンシャルでチームを支えて欲しい。
長瀬淳 法学部 ピンク門下。尾崎、糸谷、田中貴と同じ出身校で全国大会にもよく出場していた新入生のボスキャラ。謙虚で人当たりがよく、物腰柔らかな癒し系だが、師匠の電話にさっぱり出てくれないのでその実腹黒いのかもしれない。将棋は若々しくて見ていて気分がいいが、広島県民だけに少々粗いきらいがある。すでに主力級の力を持っているので、早くブレイクしてほしい。未来のエース。
吉岡拓馬 たっくん
ぽっくん
理学研究科 人生経験豊富で細かいところまでよく気が付く反面、根っからの気分屋でやりたくないことは絶対やらない。一手の重要さ、特に序盤にこだわる格調高い棋風の実力者だが、理想と現実のギャップに悩んでいる節もある。過去を捨てた男。
藤田和志 ジャイアン 基礎工学部 サーオリの日にエース平野を倒し注目を浴びた。マクドナルドでバイトし過ぎ、スマイル以外の顔ができなくなってしまった過去を持つ。悪魔と取引し、声の大きさを犠牲に身長を、単位を犠牲に棋力を手に入れ今に至る。
戸国峻

とくにん

1092

外国語学部 あらゆるフラグを折る程度の能力。鳥取から来たピンク門下二号。誠実でどんなときも先輩を尊重している。その姿勢を師匠は見習うべきだ。チームの主力として今後の活躍に期待がかかる。彼がいつ卒業するかは、本人さえもわからないという。
河合勇典

チート

アメリ

工学部 中の人を容易く当てる程度の能力。いっとく門下。居飛車党で攻撃的な棋風。彼の将棋は「乱」である。見た目は真面目そうだが、リーグ戦を3度もすっぽかすなど悪行が絶えない。やはり棋風通り彼の素行は「乱」であった。性格は将棋に反映されるようである。もはや誰にも彼の暴走を止められない。あと授業に行こう。卒業へ向けてレッツゴージャスティーン!!!(フラグ
東田直樹

あずまんが

正太郎

工学部 永遠に年を取らない程度の能力。部室でいかにもあずまんがな人を見かけたらその彼があずまんがである。ルイージ門下なはずなのに右玉が得意で居飛穴が得意でないようだ。いろんな意味でなんでだろう、神様、野村様、吉四六様。
岩間航一 工学部 P2門下。振り飛車党ということで門下入りしたが、師匠と違いまじめでお酒も強い。部室では他の1回生と熱心に将棋を指しているようだ。特殊スキルにマリオカートがあるらしいので自身のある人はチャレンジするといいだろう。
岡田隼貴 工学部 帝王門下。将棋は初心者として入部したが、格ゲー等で、すさまじき実力を披露して上回生をかとごとく打ちのめす強者。 師匠の進める酒にもあまり手を出さない。そろそろ何かやらかしてほしいものだ。
立田浩之 Q5 理学部 ハマQ、再来。矢倉を教えてほしいとのことでいっとく門下入り。残念ながらその師匠は矢倉があまり指せません。好きなアーティストはB'zで相当なファンのようだ。新歓のカラオケでは「ウルトラソウル」を披露。理学部数学科に所属し、教職の授業に出て、さらにそちら系統の知識にも詳しい。したがってハマQさんの正統派後継者である。1セメで早速単位を落とした。果たして彼は無事に卒業できるのか? 今後の彼の単位取得状況に、今、全世界が震撼する!
田中善人

いいひと

田中(悪)

工学部 フレッシュマンズリーグ1位の期待の新人。両方行けます、という新歓での師匠の言葉に惚れ、R一門に入門した。入部時からぐんぐん力をつけてきており、将来が嘱望される。怪しい棋風と二刀流を操り、阪大の新星となってほしい。
八木拓也 永世鬼畜王 法学部 H24/25年度理事。岩田門下。福井県出身で、夏休みには師匠に地元の土産を買ってきてくれた優秀さ。新歓後のカラオケでは、いい歌声を響かせてました。将棋はというと振り飛車党で、高校時代は四間党だったらしいが、師匠が無理やり石田&ゴキ中党へスタイルチェンジさせました(笑)。大会やリーグ戦にも積極的に参加しているので、今後の成長に期待したい。
岩上拓磨 文学部 H24年度ホムペ係。岩田門下。福井県出身。恰幅がよく、いつもニコニコしていたら、きっと彼だろう。部内リーグでは、二期連続で同じ相手に時間切れ負けをしており、八百長疑惑があったりする。棋風に関しては、振り飛車党だが、師匠の教えに反して(?)、オープン四間をよく指している。下宿先が芦屋川付近という謎な立地だが、よく部室で見かけるので、この調子で将棋を頑張ってほしい。
小川恭輔 人間科学部 H24,25年度副部長。らぶりー門下。自宅生ということだが、部室だけでなく連盟でも姿を見かけるので、なかなかの熱心さが伝わってくる。 その甲斐あってか、見事、部内リーグでは全勝昇級を果たした。 少なくとも将棋に関してはなかなか真面目な青年であるので、これからの部の主力になってくれるであろう。 あと、阪大Walkerにも執筆することがよくあるようなので、みなさんぜひ読んでね☆
中村慎之介 鬼畜名付け親 外国語学部 長野出身-飯野門下。たくさんの本を読んでたり、数学や化学の勉強をしていたり、さらりと中国へ行ったり...と、とにかく興味の幅が広い&自由奔放です(ちなみにさっき「最近はモンハンにだいぶ力を注いでいて今日も4時寝10時起きw」てメール来ました)。そのエネルギーを将棋にもぽちぽち注げば、棋力はめきめき伸びていきますよ-まぁ大変だろうけどちまちま部室に通って欲しいです。
瀬下拓未 セサミくん 師匠!! 法学部 理事。同じ法学部生として長瀬門下入り。部内リーグではたつた先生に邪魔されてなかなか昇級できないでいるが、しっかりした三間飛車を指すのでこれから期待してます。ま〜じ○んでは師匠が弟子に弟子入り?してしまったが、そろそろ将棋の方も危ないんじゃないかと想う今日この頃。。
北野晃三 基礎工学部 喜多門下。基礎工化応科。サーオリ時から気があい師匠とよく絡んでいる。師匠と違い長身で羨ましい。将棋は終盤が苦手なのかよく逆転負けしているが、入部当初の囲わずに純粋棒銀してたころよりはだいぶ強くなっているので、師匠に追いつくのも時間の問題だろう。また、どうやら彼は決闘者(デュエリスト)の才があるらしく、そっちの道も走っているようである。
岩下廉 経済学部 故郷が隣町という縁で脇田門下に。高校時代に鹿児島代表経験がある期待の新人。対抗形党で、玉を固める将棋が得意な印象。重度のAKBファンで下宿には一面ポスターが貼られているとかいないとか。首都進出を狙って予備校通いの日々だが、阪大将棋部的には大阪に残ってほしい(笑)…という冗談はさておき、東大とのコネを作ってくれるでしょう。
辻真珠美 文学部 女の子同盟山口門下。飯野先生に口説かれ体験に来てくれた天使。入門書からこつこつ勉強していてただいまリーグで奮闘中。もの静かで過去の女子部員たちとは真逆の性格です。こっそり部内で大人気。
松永健太郎 まつけん 法学部 H24年度合宿係。H25年度副部長。同じ法学部生として長瀬門下入り。新歓の際には自称居飛車党本格派との間で一悶着あったような気がするが、そんなの気にしない。師匠と同じ矢倉厨を目指してくれているが、やはり新歓時の五秒師匠の幻影だろうか、終盤によくファンタするのが珠に傷である。夏合宿で皆を東尋坊に案内してくれたり、夜の研究会を主宰したりとアクティブで頼りがいのある幹部候補生。あと単位取得状況は師匠を見倣わないように。  特殊スキル:予告先発
朝川和憲

ネギ

餃子

理学部 もうやめて、チャオズの単位はまだ0よ! 死ねば助かるのに。 ……と、このようにmugen党であり、雀士でもある。うっかりしてると、「倒れてしまってもいいのだろう?」ということになりかねない。
中川真介 SHIMANO 工学部 ピンク門下。前期は師匠と一緒に仲良く授業を受けた。振り飛車党で藤井ファン。中学高校では将棋部がなかったらしいが、現在はその環境を活かして貪欲に力をつけている。その成長ぶりには目を見張るものがあり、最も将来が期待される人材。あと授業態度は師匠を見習わないように。
宮城公磁 基礎工学部 下宿生なみのキャンパス近くに住むという羨ましい限りの自宅生。新歓でフェイントで帝王門下になってくれた。 振飛車党で、棋書を買うのが好きなようで、これは今後が期待される。
喜多悠二 工学部 H24年度副部長。同じ高校のよしみで帝王門下になってくれた純粋振り飛車党。高校時代は学年ただ一人の部員として、しっかりと部を支えてくれた。 師匠と違って麻雀にも手を出さず、しっかり将棋を指している。どんどん強くなってほしい。
山下 直大 山P 理学部 H24年度無職。脇田門下。居飛車党で矢倉好き。同郷の縁で師匠を選んだが、後日師匠よりも二つ年上ということを激白。けれどもちゃんと敬語を使ってくれるし、師匠とよく趣味が合う良い弟子です。将棋も最近だいぶ伸びているので、今後の成長に期待。
岩田匠平 工学部 H24年度部長。岡山出身 小島門下。振り飛車党で攻め将棋 「相手が強いんで仕方無いっす」、「無理っす、絶対無理っす」←黙れ(^O^)、と弱気な発言で師匠を困らせるかと思えば「とりあえずボコボコにしますか」「とりあえずR3000いきますか」etc.etc.、さらっと凄い事を言う。何だかんだでガンガン強くなってるので楽しみである。時々恐ろしく残念な事をするが、周りは見てて面白いからもっとやれ←w まあ本当将棋に恋に伝説作りに(?)色々頑張れ(^O^)
飯野 紘平 飯野神 基礎工学部 H24年度主将。静岡出身 小島門下。矢倉and相振りがstyle。いきなり一軍戦メンバー入り、初勝利をあげた。しかし将棋が強いだけではなく何かと気がつく出来る子。アニエスの眼鏡をかけるお洒落さんでもある。星新一のショートショートを読破している。B'zはライブに行くぐらい好き。 ・・・と、何かリア充になれそうな要素が揃っているので色んな意味で充実した大学生活送って欲しい。 そんなイーノックに(充実した大学生活)出来るか聞いてみた。 「大丈夫だ、問題無い。」
津島啓太

つっしー

ドラ使いの名人

経済学部 H24年度幹事。H25年度部長。同郷という理由であさみし門下。居飛車党で終盤や十秒将棋で焦る姿が非常にかわいい。よく部室に来て真面目に将棋を指しているので将来が有望である。個人的には次期幹事も期待している。あと本当にいい子すぎて私は泣きそうになりました!みんな可愛がってあげてね!
柿本祥明 工学部 H24年度宴会係。愛知出身ということで山口門下。出身は将棋の強い東海高校。師匠の高校のおとなり。部トップクラスのおしゃれボーイで女子部員の誕生 日パーティーを企画したりとかなりのイケメン具合を発揮。他の部員も彼を見習いなさい。
園部修平 経済学部 津島門下(?)。H25年度宴会係。香川県出身。飯野門下あるいは柿本門下であるという疑いがある。敬語を使うかどうかは相手を見て考えるという不届者。しかし、うどんをお土産に買ってくれるという出来た弟子でもある。うどんは美味しくいただきました。
緒方惟栄 顧問 理学部 H25年度合宿係。柿本門下。修羅の国で青春を過ごしたためか既に1児の父のような貫録を持つ。雀荘でバイトしてるらしいが麻雀一辺倒にならず、将棋も着実に強くなっている。誰にでもぐいぐい話しかける抜群のコミュ力を持つ彼は、今後も多方面で活躍してくれることでしょう。
糸谷哲郎 プロ 文学研究科 仕事と勉学を両立している超優等生。井原、浜田の持っていた阪大将棋部歴代年間高所得記録をケタ違いの記録であっさり塗り替えた。プロとして忙しい毎日を送っているようだが、ちょくちょく部室に来ては的確な指導をしてくれる。プロを辞めて俺達と全国を目指してみないか?という部長の悪魔のささやきには耳もかさず、今日も力戦右玉を指している。
中根志学 工学研究科 クロ門下。河合君同様名前をなかなか正しく読んでもらえないらしいが、本人はもはやどうでもよくなったようだ。大学に入ってから居飛車党に転向したようで、それが成功したのかじわじわ実力をつけており今後はレギュラーに定着し阪大を支えていってくれるだろう。
岸勇佑 基礎工学部 H24年度会計。どこか憎めない弄るべきキャラの彼は、同じ居飛車党のいいひと門下へ。重い攻めと端攻めをこよなく愛し、終盤で寄せより駒得を選んで受けつぶしを狙う。部室には毎日来て、熱心に麻雀を…。とまぁ、こんな彼ですが棋力は徐々に向上しているので、将来活躍してくれるだろう。
田中翔梧

血も涙もないプロ

〜麻雀界の鬼畜王〜

薬学部 H25年度会計。らぶりー門下。安定の田中さんで、The 田中'sの一員である。そして、個人的にははじめて接した薬学部生である。外見はなかながっつりしているが、内面は超温厚である。(たぶん)。中飛車党ということで弟子入りしてくれたが、フィーリングで中飛車左を指しこなすなど、素質は十分だ!他の田中さんたち(特に部長)に負けないよう、力強く成長してほしい。
吉岡智生 基礎工学部 喜多門下。基礎工シス科。同郷ということでなかば強引に師匠の弟子になった。出現率が低いのは気になるが、師匠に倣い四間飛車を指してくれるのはとても嬉しい。だから指しこなせないとか言って居飛車に党変しないでね(笑)。まだまだ初心者だが、真面目な彼は今後成長してくれると師匠は密かに期待している。
岡滉 工学部 H24年度理事。H25年度主将。2011年度フレッシュマンズリーグ1位となった彼は同じく1位経験のあるいいひと門下に。将棋の強さは勿論のこと。また、棋風・戦形は個性的な面があり、一度術中にはまると振りほどけないだろう。しかし、ところどころのミスであっさりと局面を悪くする事も多い。得ることの出来る経験を積んだ今後の彼の活躍に期待したい。
岡田浩明 (まーじ○んが)♪強いと思ったらおっか〜だ♪ 工学部 H24年度用具係。同じ麻雀部居飛車党本格派として長瀬門下入り。非常に残念な師匠と違って、将棋に対して真摯で何事にも謙虚な好青年。こんな師匠に対しても申し訳ないくらい気を遣ってくれる。今現在はあまり結果が出せていないが、将棋は手堅い棋風でうまくまとまっている。早く彼の努力が報われるべきだと思うのだが…。今後の活躍に期待しています。あと今度一緒にまー○ゃんしようね。
権守勤

先生

いないもの

ゴンちゃん

経済学部 権守のここ、空いてますよ。
ヽ(*´∀`)<<↑★祝☆n周年☆祝★>>(*´∀`)ノ
森島真 もりし 理工学部 先生門下。阪大将棋部名誉部員。立命館大学所属なのに、しばしば阪大生と勘違いされるお茶目さん。本格的な棋風(雀風)が特徴。どこかの誰かさんには見習ってもらいたいものである。コミュ力とツッコミスキルの高さが武器なので、あとは情報漏洩する大胆さぐらい欲しいところ。
江原義哉 文学部 先生門下の文学部。H25年度美化係。熱心に序中盤を研究する大阪の若人。好きな戦形は年下後輩。宗教上の理由という前代未聞の理由で一軍戦に来なかったが、そんなことは一軍戦を平日にすればいいので問題は無い。宗教以外にも、まだ将棋部らしからぬ秘密を多く持っている模様。師匠の役職を継いでくれたが、部室に入り浸り過ぎて麻雀に傾倒しないようにね。
桝田真一朗 法学部 岩田門下で、師匠と違ってクラシカルな振り飛車党だが、相振りを学びたいとのことで弟子入り。彼の対局姿勢は、何と石川3段も一目置いている。彼とのリーグになった時は、一度注目してみよう。自宅生だが、今年度のハードスケジュールの部内リーグにも積極的に参加しており、今後の成長に期待。
平郡大稀 経済学部 津島門下。名字をよく平群と間違えられる。昼休みには結構部室に来ており、寝ていたり、将棋を指したりしている。将棋は独特で、自分の意志は曲げない。感想戦A級の実力を持ち、山口との対局(感想戦)は多くの人々の注目を集めた。プライベートは忙しいみたいだが、将棋部のイベントにも積極的に参加してほしい。
前田喬広 法学部 原田門下。うどん県出身。H26年度幹事。H27年度部長。部室警備員の才能は1回生の中でも群を抜いており権守、原田の系譜を受け継いでいるように見える。麻雀をしながらアニメなどについて話しているのをよく見るが、将棋の方では右玉を指しこなす繊細さも見せる。将棋も仕事も麻雀もできる幹事として活躍が期待される。(なおリア充の模様)
大路優樹 玉子 工学部 学部学科の縁で岡田門下になった将棋部No.1の大物(体積的)部員。といってもデブではない。彼のボリュームのある体は暴飲暴食ではなく、ヨット部との兼部に依るものだからである。セールを操って鍛え上げられた腕から放たれる一手は棋風さながら力強い。元は振り飛車党だったが、今では居飛車にも手を出す野心家であり喜ばしい限りであるが、勉学の話になるとそれは影を潜めてしまうようである。ぜひそちらの方も頑張って貰いたい。
坂田大直 【属性】オネエ 基礎工学部 田代門下。師匠と同じ佐賀出身で、現役では師匠と同じく基礎工情報科に落ちて浪人し、はたまた師匠と同じ福岡の某K合塾に行く。浪人して晴れて同じ基礎工に入学してきた時には、ストーカーの被害届を出そうかと思ったほどである。そんな彼も今では立派なオネエキャラを確立したようだ。口癖は「えー」(細く高い声で) 指し癖は手がプルプル震える(アル中疑惑)
1回生では平尾に次ぐ実力の持ち主なので、今後の将棋部に貢献してくれることを願っている。
徳野達也 のびた 工学部 H25年度無職。山下門下。彼は平凡で特筆するところなど何もない外見である。みながそう思いながら将棋部で過ごしていたある日の出来事、徳野がのび太服を着てきたのだ。平凡で特筆することが何もない外見だったのは皆がテレビで見慣れているせいだった。そういえば彼はいつも金欠である、「金がねぇ〜」が彼の口癖である。でも彼はよく麻雀をしているのだ。「もうちょっと麻雀が強ければ…」と緒方ははいつも思っている。「もう麻雀なんてやめてしまえば…」と石川氏も常々思っている。回生が2に上がって吹田のほうに行っているせいか彼をあまり部室で見かけなくなった。たまには顔を出してほしいものだ。(緒方・石川著)

Back to the Top Page
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO